キャリアアップ
2018/06/15

考え方、行動……キャリアアップの為にすごい営業マンの共通点をしろう

(写真=g-stockstudio/Shutterstock.com)
(写真=g-stockstudio/Shutterstock.com)
営業の仕事において、第一に評価されるのは成果です。いわゆる営業成績が上位になれば、みんなから凄いという目で見られます。加えて、トップセールスを継続すればいずれは「すごい営業マン」として認識されるようになります。そうすれば、会社内外からも評価を得られるので、キャリアアップも可能でしょう。そこで、すごい営業マンの共通点を探ってみましょう。

すごい営業マンとは?

すごい営業マンと言われるためのもっとも大きな条件は「成果」でしょう。輝かしい営業成績やビッグディールの実績など、豊富な実績があることがポイントです。

それでは、単にズバ抜けた営業成績を上げればすごい営業マンと呼ばれるのでしょうか。たとえば、ある保険のライフプランナーが今年ズバ抜けた件数の保険契約を獲得したとします。ところが翌年は成績が振るわず前年度の半分以下の件数しか上げられないという結果になれば、すごい営業マンとは呼ばれません。一時的な実績だけでは「まぐれ」と言われるだけでしょう。

また、別の保険ライフプランナーは、毎月継続してズバ抜けた件数の契約を獲得しますが、顧客からのクレームや解約件数も非常に多く、契約の継続率が非常に低いとします。この保険ライフプランナーもすごい営業マンと呼ばれることはないでしょう。

2人の保険プランナーから分かることは、すごい営業マンといわれる条件には、輝かしい営業成績だけではなく、「継続的な成果」や「モラル」、「コンプライアンス」が加わるということです。

すごい営業マンに共通する考え方

すごい営業マンに共通する考え方には見た目に関する考え方と仕事に対する考え方の2種類があります。

まずは見た目について考えてみましょう。人に会ったときによい印象をもたれるために、営業マンなら誰しも見た目にはこだわるはずです。すごい営業マンは見た目の細部も抜かりないといいます。たとえば、つま先。女性がつま先をネイルなどで綺麗にしているのをよく見かけますが、実はここ数年男性でもつま先を意識している人が増えているそうです。スーツやシャツには綺麗にアイロンがかかっていて、髪型も清潔感があふれ、靴も磨かれている。それだけではなく、つま先も綺麗であれば、細部まで意識しているといえるでしょう。名刺を交換するとき、資料を提示するときなどにつま先からも丁寧さが見て取れ、好印象です。

二つ目に自己肯定が挙げられます。すごい営業マンは自分を肯定するのがうまいといわれています。彼らは日々自分の強みは何か、自分のリソースにはどのようなものがあるのかを振り返り、自信が持てるように積み重ねを行っています。そうすることによって、説明内容や表情にも説得力が出ます。

もしかしたら、このことはよくあることだと思う人もいるかもしれません。ただし、すごい営業マンは自分でこういったことを突き詰めて考え、行動を積み重ねています。その努力を努力と思わない積み重ね方がだいじだといえるでしょう。

すごい営業マンに共通する行動

すごい営業マンに共通する行動にはいくつかありますが、ここでは2つを紹介しましょう。

●スピード感のある行動

すごい営業マンは何事にも時間を意識して、短期間に最高の成果をあげることを心掛けます。売上目標は納期や締切日がありますし、スピード感のある行動は成果にダイレクトに響きます。彼らは優先順位をつけて行動しているため、お客さまからの質問にもすぐに答えたり、会社のルールの範囲内でフレキシブルに対応することでお客さまからの信頼を得ることができるのです、

●最後まで継続する力

すごい営業マンは、会社から与えられたノルマをやりきるという考え方ではなく、自分の掲げる目標達成に向けて行動します。途中で諦めようとしても、継続して最後までやきる力が大切です。当たり前だと思う人もいるかもしれませんが、途中で挫折する人が大半です。すごい営業マンとの違いは継続する力だということがわかるでしょう。

すごい営業マンにキャリアアップするためには

すごい営業マンにキャリアアップするには基本に忠実になるのはもちろんのこと、自分のことをマネジメントする能力が大事だといえるでしょう。これをセルフリーダーシップという言い方をしますが、すごい営業マンはこれが長けています。

もし、彼らと同じようになりたい、彼らを超えたいと思うのであれば、日々立てた行動計画をもれなく達成することが肝心です。そのために、まずは毎日の行動を振り返り、もっとよくすることはできないのかをよく考えましょう。そのうえで、日々の行動に落とし込み、実行するのです。実行した内容も振り返りを行い、次につなげましょう。それを怠ると、すごい営業マンになることはできません。まずは意識することから始めることが大切なのです。

すごい営業マンほど基本に忠実

すごい営業マンといわれる人がよく語る言葉に、「何も特別なことをやっているわけではない」というセリフがあります。当たり前のことを当たり前にやるというスタイルは、成功したビジネスマンに共通した行動特性です。すごい営業マンになるためには日々の基本的な業務を忠実に行っていくことがベースになるのです。
 

【オススメ記事】
あなたの素敵な未来のキャリアを考える「あしたの履歴書」とは
「人生100年時代」を生き抜け!しなやかな働き方を身につける2つの方法
給与をアップさせたいと思われる人材になるためにすべきポイントとは
キャリアを積むなら副業よりパラレルキャリア!でも、その注意点は?
転職でスキルアップできるビジネスマンってどんな人?

PREV キャリアデザインが貯金や投資よりも大事な理由とは
NEXT 営業現場で今すぐ使える成功するための「交渉術」

関連記事