キャリアアップ
2018/10/01

中間査定が芳しくないビジネスマンが下半期に大逆転するための3つの方法

(写真=Tero Vesalainen/Shutterstock.com)
(写真=Tero Vesalainen/Shutterstock.com)
中間査定でそれなりに自分の働きは評価されるだろうと期待していた。でも、上半期の査定は良くなかった。一体何が悪かったのかとショックな人もいるのではないでしょうか。しかし、打ちひしがれたままでいるわけにはいきません。下半期は挽回しトップに躍り出るためにも行動しなければなりません。本記事では中間査定が芳しくないビジネスマンが下半期に大逆転するための3つの方法について紹介します。

上半期悪く査定も最悪だったら

上半期の査定が最悪の評価だった……これはショックに違いありません。特に大きな失態を演じたわけでもないのであれば特にそうでしょう。給料やボーナスに悪影響があるだけでなく、自分の働きが認められなかったことはかなりショックなのではないでしょうか。それでも今後の動き次第で評価を覆すことは十分に可能なのです。ここでマイナス思考に陥らずに、下半期で挽回する方法を考え、行動しましょう。

下半期挽回する3つの方法

それでは下半期挽回するにはどのような方法を取ればよいのでしょうか。今回は3つの方法を考えてみます。

1.仕事の勉強をする
あなたは業務に関する知識や資格取得など、何かしら勉強をしていますか?「もちろんしてるよ!」という方もいるでしょう。しかし、社外でも仕事に関する勉強をしている人は少ない傾向です。仕事の勉強とは自己啓発本やビジネス本を読んだり、異業種交流会に参加したりすることではありません。自分の仕事の実力を高めるための勉強です。

例えば、営業職の人であれば、営業のロールプレイングをしたり、説得力あるプレゼンができるようプレゼンの練習をしたりしてみることです。企画職の人であれば「企画のベースとなるアイデアの発想力を鍛えるために日々10個以上アイデア出しをしてみる」「企画を通すための説得力あるプレゼンを身につけるためにプレゼン練習をしてみる」ということが大切です。社外においても仕事の勉強をしてみることで周りから一歩抜きんでることでしょう。

2.環境を変える
仕事の勉強をすることが大事だと分かってはいても実際に行動に移せる人はわずかです。それでは行動に移すためにすべきことは何でしょうか。「仕事の勉強をする!」と誓いを立てることでしょうか。そうではありません。誓いを立てたところで行動に移せる人はほとんどいません。行動に移せたとしても継続できないのです。継続してこそ実力が培われるのですから、継続できない行動には意味がありません。

すべきことは環境を変えることです。仕事の勉強を継続するためには同僚と勉強会を開くなりして強制的に勉強ができるよう自ら環境を整えなければなりません。

3.苦手な仕事を積極的に受ける
知らず知らずのうちに仕事を選り好みしていないでしょうか?「苦手な仕事だから」「やったことない仕事だから」と断っていませんか。しかし、そういった苦手な仕事にこそ仕事の実力を底上げするチャンスが眠っています。実力を上げられそうな仕事であれば、苦手な仕事は挙手してでも受けていくべきです。最初は失敗するかもしれません。しかし、そのような失敗はつきものです。失敗から学び、再度トライして実力をつけ苦手を得意に変えていくことができます。

そうすることであなたの実力の底上げが期待できるでしょう。また、仕事を選り好みせずに仕事を受けられる人ほど「あいつは頼れる」と周囲から評価されることになります。やりがいのある仕事のチャンスも回ってくる可能性も高まるのです。

あしたの履歴書を活用しながら、希望を持て

多くの人は自分の成りたい理想像を持っています。しかし、その理想実現に向けて行動している人はほとんどいないでしょう。理想はあっても「日々何をするか」の行動にまで落とし込めてないと理想を達成するのは不可能です。理想も結局は日々の積み重ねによってなし得るものです。「日々何をするか」行動目標を立てる必要があります。行動目標を立てるには「あしたの履歴書」を活用しましょう。

下半期に向けて今日から一歩を踏み出そう

上半期に評価が悪かったとしても下半期で挽回することは十分可能です。しかし、そのためには願うだけでなく日々の行動を変えていかなければなりません。今からすべきことは、「仕事の勉強をする」「環境を変える」「苦手な仕事を積極的に受ける」の3点です。今日から取り組める具体的な行動目標を設定しましょう。先延ばしするのではなく今すぐ取り掛かりましょう。

【オススメ記事】
キャリアアップのための必修科目!社内営業ができる人の4つの習慣
キャリアを積むなら副業よりパラレルキャリア!でも、その注意点は?
転職を成功させるための『理想的なタイミング』の作り方
意識高い系ビジネスパーソンはなぜキャリアで失敗するのか?
キャリアデザインが貯金や投資よりも大事な理由とは
PREV 上場企業平均年収ランキングに見る年収の上げ方 キーエンスとファナックを例に
NEXT ビジネスに今大事なスルースキル どのように養えば心が強くなるのか

関連記事