ライフ
2018/05/07

デキるビジネスパーソンがこだわる万年筆の秘密に迫る!

(写真=Billion Photos/Shutterstock.com)
(写真=Billion Photos/Shutterstock.com)
万年筆と聞くと、あなたはどのように感じますか。何だか敷居が高いと思う人もいるかもしれません。メールやSNSなどでのやり取りが主流になり、筆記用具を使う機会が減っていると言われている今、実は万年筆が根強い人気を誇っているのです。デキるビジネスパーソンの中にもここぞというときに万年筆を使っている人もいるとか。彼らはなぜ万年筆を使うのか、その秘密に迫りましょう。

筆記用具としての万年筆

万年筆の開発は「インクの漏れにくいペンを作る」ところから始まりました。開発者はルイス・エドソン・ウォーターマン。彼は保険外交員でしたが、重要な書類をインクで汚してしまうことが多く、書類を作り直している間に他社に契約を取られてしまうことがありました。その苦い経験から生まれた万年筆がその悩みを解消してくれたのです。

さらに、万年筆にはボールペンにはない書きやすさがあります。万年筆のペン先は、酸に強い柔らかい素材が使われているだけではなく、ペンポイントの摩耗も理由にあげられます。ペン先の先端であるペンポイントは、書き手に合わせてすり減っていくので、使えば使うほど書きやすくなっていきますし、ペンの角度で文字の太さを変えることができます。また、たくさん文字を書いても疲れにくいのもメリットだといえるでしょう。

万年筆を使ってみたものの、どうも使いにくいという人は、手になじんでいなかったり、書き方を間違えている可能性もあります。そういう人は筆はボールペンより寝かせて、ペン先の面を変えずに書くようにしてみると改善できるかもしれません。

こだわりアイテムとしての万年筆

万年筆が魅力的に見えるのは、何と言ってもデザインの美しさと高級感です。ペン先を見るだけでそれと分かるフォルムは、持っているだけでも満足感を味わえます。ボディの部分にもさまざまな高級素材が使われているので、自分の好みに合わせてお気に入りの一本を探して持つのがよいでしょう。

万年筆は普通のペンと比べると価格差が大きいので、何年も使うことを考えて買いましょう。リーズナブルなものもありますが、10万円を超えるような高級なものもあります。時には100万円以上の万年筆が発売される場合もあります。自分にとってよい万年筆を選びましょう。商談の時、万年筆をちらっと出すと、相手からもデキる人かなという印象を持たれるかもしれません。

デキる男は“こだわり”を持っている

仕事がデキるビジネスパーソンの多くは、何かこだわりがあります。いろいろなことに挑戦してみる人、レスポンスの早さにこだわる人、フットワークの軽さにこだわる人、とにかく結果にこだわる人など、これだけは負けないという思いがある人は自然と輝くものです。

特にエグゼクティブ層は、自身の健康管理やメンタル管理に配慮を書かせません。寝具に多額のお金をかける人や、トレーニングが高じてトライアスロンなどに挑戦する人も珍しくないでしょう。スーツ、靴、時計、バッグなどにこだわりをもつ人もいます。

もちろんそのこだわりが万年筆だと言う人もいますが、万年筆は定期的なメンテナンスが必要です。そのため、万年筆へのこだわりは細やかな気遣いができる印象へと繋げることができるでしょう。

身近な筆記用具にもこだわりを

できるビジネスパーソンほどその魅力を理解して、万年筆を手元に1本持っているようです。万年筆は見た目が高級で、しかも普通のボールペンより数段書きやすく、長く使い続けることもできるでしょう。

普段の生活で何気なく使っている筆記用具から、あなたの持ち物を見つめ直してみませんか?何かにこだわりを持てばきっと、今より深みのある男性になれるはずです!

【オススメ記事】
あなたの素敵な未来のキャリアを考える「あしたの履歴書」とは
「人生100年時代」を生き抜け!しなやかな働き方を身につける2つの方法
給与をアップさせたいと思われる人材になるためにすべきポイントとは
革靴の手入れとモテには関係が!?デキるビジネスパーソンは足元まで意識する
転職でスキルアップできるビジネスマンってどんな人?
PREV いざグローバル人材の道へ!あなたも正しい英語を身につけよう
NEXT 革靴の手入れとモテには関係が!?デキるビジネスパーソンは足元まで意識する

関連記事